簿記って難しい?初級レベルからコツコツ勉強!

初級者の級からレベルアップしていく

経理業務をする人やビジネスをする人に必要な知識に会計があります。経理業務では、日々の取引を仕訳する必要があります。ビジネスでは収入と支出を理解しないといけません。会計の中でも最も基本的な知識として簿記があります。いくつかの団体が検定試験を実施しているので、それらの取得を通して知識や技術を身に着けられます。最も難しい試験になると、大企業の会計担当者レベルの知識が必要になるので、とても初心者では取得できません。まずは初級者が受ける級の取得を目指します。仕訳の基本的な方法、貸借対照表や損益計算書の基本、転記などの方法を学べます。基本を学べれば、後はそれをどんどん応用します。級を上げていけば、会計専門家も夢でなくなります。

知識を得てから実際に計算したり書く

今は多くの資格試験でマークシート方式が採用されています。解答をいくつかから選ぶ形式なので、実際に言葉などを覚えて書く必要はありません。正確に覚えていないと正しい選択肢は選べませんが、誤字などで間違えるケースはありません。簿記の検定試験の場合、現在もすべて記述式です。実際に仕訳をして、科目や金額を記入します。貸借対照表の作成なども行わないといけません。勉強方法としては、知識を入れるだけでなく実際に計算したり書く必要があります。過去問題などを集めた問題集を利用すると、過去の出題傾向を知りながら解く練習ができます。テキストを読んでそれを丸暗記したからといって合格はできません。いかに多くの問題を解いたかで実力が変わります。

簿記の講座は、就職や転職などに役立つ知識を得られるだけでなく、スキルアップにつながることが特徴です。