クレジットカード?デビットカード?違いってなに?

クレジットカードとデビットカード

クレジットカードは簡単にいうと「後払いができるカード」です。今、手元にお金がなくてもどうしても欲しいものがある場合、クレジットカードを利用すれば後払いをすることができます。それに対してデビットカードは「現金を持ちあるいているカード」とも言えます。銀行口座やデビットカードにチャージをしておき、その範囲内で使うことができます。例えば銀行口座に10万円あれば、その口座に紐づけられているデビットカードは10万円までなら買い物をすることができるのです。

クレジットカードのメリット

クレジットカードはお金を後払いできるだけではなく、社会的なステイタスという意味も持っています。多くの金額の利用ができる人は、それだけ社会的な信用も高いといえます。また海外ではホテルに泊まる時にクレジットカードがあると身分の証明にもなりますので、世界的に大きな信用を得ることができるものだといえます。

デビットカードのメリット

クレジットカードとは違い、今口座の中などに持っている金額以内でしか買い物はすることができません。そのため、背伸びをして買い物をしてしまうことがありませんので無駄遣いをしなくなります。銀行口座などと紐づけられていますので、高額のものを現金で購入したいという場合でも、現金を持ち歩く必要がありませんので、盗難などの心配もありません。また、誰でも作ることができるというのも大きなメリットなので、クレジットカードを作りたくない人や作れない人でも利用することができます。

決済代行は電子マネーによって、決済を完了させるシステムになります。そのため、決済業務がスムーズに完了するというメリットがあります。