自己破産はお金がかかる?弁護士費用について知ろう

自己破産にかかる費用とは?

お金に関する問題は頭が痛くなってしまいますが、多額の借金を抱えてしまうと、頭が痛いだけでは済まされなくなってしまうでしょう。自分の収入では、返済が困難になった場合には、自分で何とかしようとせずに、弁護士に相談して法的な手続きを取った方が安全です。法的な手続きはいくつかありますが、裁判所から返済が困難だと認められた場合、債務を全て免除してもらえます。これが自己破産です。自己破産すると自分が所有している財産を没収されてしまいますが、借金がなくなるので、生活を立て直し再スタートする事ができます。しかし、ここで気になるのが、弁護士費用についてでしょう。ただでさえ借金があるのに、どれくらいかかるのか、事前に知っておきたいですよね。基本的にかかるのが、相談料、手数料、着手金、そして報酬金であり、弁護士事務所によって異なっていますが、大体50万円ほどはかかると言われています。

弁護士費用は安くできるの?

多額の借金を抱えて、返済が困難になった場合でも、自己破産という方法で借金をゼロにする事ができます。自己破産するためには、裁判所で返済できない事が認められ、様々な手続きが必要になります。知識があれば自分で行う事もできますが、弁護士に依頼するのが一般的でしょう。しかし、弁護士に依頼すると、費用が高くなるのではと不安に思う人も多いですよね。もちろん費用はかかってしまいますが、弁護士によっては、相談を無料で行っていたり、着手金がかからない、また分割払いが可能な弁護士事務所もあります。弁護士事務所によって、かかる費用は異なっていますので、いくつか調べて比較してみると良いでしょう。

債務者が金銭を債権者に返済できなくなり、裁判所への破産手続の申立てが認められれば自己破産ということになります。債務者は債務を免除されることによって、生活を再建できる機会が与えられることとなります。