絶対に必要!?信用取引で無用な損失を出さないための金利管理

信用取引には金利がかかる点をしっかり把握しておこう

株取引のバリュエーションを拡大してくれるものとして重要なのが、信用取引です。信用取引とは、証券会社や証券取引所から資金や株そのものを借りうけ、それを原資として株式運用する取引方法のことです。資金や株といった有価物を借りることになるため、投資家は信用取引を行うに当たって所定の金利を借りた機関に納付しなければなりません。これは現物取引などでは見られない信用取引独特のシステムになるため、特に初心者は注意しておく必要があるでしょう。

金利は保有日数に応じてかかってくる

信用取引の建玉における金利は、日数に応じて賦課されることになります。そのため保有日数が増えれば増えるほど、金利で支払う金額は比例的に増えていきます。精度信用取引に定められている銘柄は約3ヶ月の保有上限があり、それを超えると強制決済されるため、金利がそれ以上賦課されることはありません。しかし、証券会社が独自に行っている一般信用取引であれば、大半は保有上限が無いため、建玉を保有し続ける以上は金利を支払い続ける必要があります。

塩漬けは禁物!できるだけ金利を安く抑えるには?

信用取引で最もやってはいけないのは、建玉の塩漬けです。現物買いした銘柄と同じように、手仕舞い決済できずに保有し続けていると、金利だけでとんでもない損失をこうむってしまいます。そうならないためには、信用取引の建玉は可能な限り細かく決済するスタンスを貫くことが重要です。証券会社によっては、デイトレードの信用取引であれば金利がかからないというプランを打ち出している所もあるため、しっかりと自分がどういう姿勢で信用取引を行うのかを定めた上で、そういったシステムを活用するようにしましょう。

株の信用取引の金利まで負担して、どういうメリットがあるのかと言いますと、株価が大底になった時に株を買えるようになります。