信頼できる仮想通貨!ビットコインの重要な特徴3点

発行枚数の上限が決まっています

ビットコインは、単に有名なだけでなく信頼性も高いと言われてますが、その理由のひとつが発行枚数に上限が設定されていることです。その具体的な枚数は2100万枚。ドルや円などは、中央管理者が大量に発行しようと思えば幾らでも刷ることができます。つまり、インフレリスクが常につきまとうわけですが、ビットコインはあらかじめ発行枚数が決まっているのでそのようなリスクはありません。インフレの心配がないことは、信頼性を語る上で非常に重要なポイントだと言えるでしょう。

地球の裏側にも無料で送金できます

ビットコインは、取引相手のアドレスさえ指定すれば、距離を問わず一瞬で送金できてしまいます。アドレスとは、銀行預金における口座番号と同じような存在ですが、厳密には違います。銀行の口座番号には国や地域などが紐付けされていますが、アドレスにそのようなしがらみは一切ありません。銀行で1億円ものお金を送金するのは大変な手間ですが、ビットコインに金額の大小はほとんど影響しません。どれだけ巨額でもほぼ無料の手数料で送金できてしまうんですよ。このような利便性の高さも、ビットコインの信頼性を高めることに一役買っています。

P2Pネットワークのおかげで安全性が保たれています

ビットコインは、全世界のパソコンによるP2Pネットワークによって成立しているシステムです。つまり、ビットコイン所有者全員によって管理されていると言っても過言ではないでしょう。そこには日銀のような中央管理者も、誰も存在しません。誰かがある日突然勝手に閉鎖しようとしても不可能なわけです。ビットコインシステムを消すためには、全世界のパソコンを一度に破壊しなければなりませんが、そのようなことはどんな大国でも不可能です。P2Pネットワーク上には、取引履歴が全て載っており、誰でも好きな時に閲覧できます。誰にも破壊できず、取引内容はオープンであることがビットコインの信頼性を確かなものにしています。

仮想通貨であるビットコインでFXが出来るようになり、一部業者では数分で口座開設が可能となっています。