税理士は税務申告をするだけ?経理のアドバイスもある!

税務申告書を作成してくれる

会社の経営者であれば、法人税、事業税、消費税、法人の住民税などの申告書を作成する必要があります。個人なら所得税の申告書が必要で、その他の場合に申告書を作成して提出します。法人税などは複雑な計算、処理が必要なこともあり、経理担当者でも作成が難しい場合があります。税理士がしてくれることとして、税務申告書の作成があります。税理士が作成した書類だと、税務署の方も信用して見てくれます。申告のし直しなどの手間がかかりにくいです。

税務調査のサポート業務

法人は法人税を支払います。申告書によって税金を支払いますが、その時は書類のみのチェックです。毎年ではありませんが、数年に一度税務署が税務調査を行います。税務署の職員が会社に来て、社内の帳簿などのチェックを行います。不正がないかなどをチェックされます。素人だと税務署のペースで調査されてしまい、無駄な追徴課税が課されることもあります。税理士がサポートしてくれることで、スムーズに税務調査を遂行してもらえます。書類の説明などもしてもらえます。

日頃の経理処理のアドバイスをしてくれる

会社が行う業務の中に経理があります。取引を仕訳として行う業務で、簿記の知識があれば行えます。ただ仕訳を行えばよいように感じますが、仕訳の仕方で税金が増えたり減ったりすることがあります。税理士の仕事では、日頃の経理処理のアドバイスがあります。会社では、接待交際費などが税務上経費に認められないケースがあります。できるだけ接待交際費にならないような経費の使い方、帳簿の記載方法などを教えてもらえます。もちろん合法的な処理方法です。

税理なら岡山で依頼する方法が最適です。その理由は、岡山には評判が高い税理士事務所がたくさん存在しているために、安心して相談できるからです。